先輩社員インタビュー

セントラルウェルネスクラブときわ台 チーフインストラクター 中原 博敏 異動のたびに新たなチャレンジに取り組み自身のキャリアの幅を広げていけるのが魅力 MOVIE MESSAGEはこちら

自分自身も体を動かしながら人の役に立てるそんな仕事を求めてセントラルスポーツに転職

学校を卒業した後、2年間はアパレル業界に就職し、販売を担当していました。接客すること自体は楽しかったのですが、仕事に慣れてくると物足りなさを感じはじめたんですね。私はもともとスポーツが好きだったため、自分自身も体を動かしながら人の役に立てるような仕事に就きたいと考えるようになったのです。

そんなときに、求人情報誌で見つけたのがセントラルスポーツの募集告知です。スポーツインストラクターであれば、自分が望む働き方ができると思い、すぐに応募。内定の通知を受けたときには、迷うことなく転職しました。

店舗の売上や魅力を高めるための施策を自ら考案して実行に移していける仕事

入社後は市川店に配属され、インストラクターとして勤務。お客様のレベルアップを通じて自分の仕事の成果を確認できる点には、期待していた以上にやりがいを感じましたね。その後、新規出店にともなって西新井店へ異動。オープニングスタッフとして、自分たちの手で1から店舗をつくりあげていく醍醐味を経験させてもらいました。そして2012年からは、ときわ台店でチーフインストラクターを務めています。

チーフインストラクターは、レッスン指導などのインストラクター業務と並行して、外部委託を含めると100名以上にもなるスタッフの管理や指導育成、営業管理にも従事します。個人的には、特に営業管理に手ごたえを感じていますね。例えば、新たなフィットネスマシン導入を検討するケース。購入費用やメンテナンス費用と店舗の収支を見比べながら計画を立てていきます。場合によっては、有料のイベントやレッスンを企画・実施するなど、費用を捻出するための方策を考案することもあります。

店長から裁量や権限を与えてもらっている分、プレッシャーがかかりますし、積極的に新たな知識を吸収していく必要もあるので、実務はハードです。しかし、店舗の売り上げや魅力を高めていくための施策を自分で考え、実行に移していけるので、毎日がとても充実しています。

店長として店舗運営に携わるのが当面の目標いずれは未経験分野の職務にも挑戦してみたい

日々、店舗マネジメントの奥深さや面白さを実感しているので、当面の目標は店長になって手腕を試してみたいですね。なお、私は異動を通じてさまざまな経験を積ませてもらい、その都度、担当職務に新たな発見や喜びを見出していきました。そういう意味では、人事やマーケティングなど、まったく経験のない仕事にも興味があります。

セントラルスポーツには、立場や年齢、社歴などにとらわれることなく、だれもが自由に発言できる風土があります。また、アイディアを出せば挑戦させてもらえる会社でもあるので、今後も積極さをもって幅を広げていきたいですね。

先輩社員インタビューインデックスへ