仕事を知る 深堀り「店長の仕事」仕事を知る 深堀り「店長の仕事」

深堀り「店長の仕事」情報 強力なマネジメント力が強い店舗を造る広い視野で店舗全体を運営するマネジメント力が必要です。深堀り「店長の仕事」情報 強力なマネジメント力が強い店舗を造る広い視野で店舗全体を運営するマネジメント力が必要です。

200人の一国一城の主が活躍
200人の一国一城の主が活躍
  • 店舗の運営に必要な人材や施設などの経営資源の一切を任され、自らの責任でその店舗を育てていく、店舗における最高責任者が店長です。数十人からなるスタッフを束ね、数千人規模のお客様一人一人に最適のサービスを提供する、そのすべての指揮をとるのが店長ですから、責任はもちろん、やりがいも大きな仕事です。全国に約200の店舗があり、200人の責任者が活躍しています。

  • 200人の一国一城の主が活躍
大きな権限と大きな責任
大きな権限と大きな責任
  • 地域に根ざした店舗を目指しているセントラルスポーツでは、常に現場である各クラブの店長の意見を最大限に尊重しています。全社的な方向性を本部が決め、それに沿って店長は独自の判断で店舗を運営していきます。新規顧客獲得のためのプロモーション方法や、集客イベントの開催、会員価格体系案の策定まで、権限と責任をもった店長が様々な重要な経営判断を下すのです。

  • 大きな権限と大きな責任
店舗の「色」を決めるのは店長の意思
店舗の「色」を決めるのは店長の意思
  • 地域ごとに顧客が求めるスポーツクラブ像は違います。店舗の立地条件や顧客の年齢層、男女比、生活パターンも様々ですから、その地域の個性にあった店舗を生み出さなくてはなりません。地域の特色と顧客層の指向にあった店舗作りも店長の重要な仕事。何が店舗に求められているのかを的確に把握し、それに基づいた顧客獲得の戦略立案やサービス企画が必要とされるのです。

  • 店舗の「色」を決めるのは店長の意思
情報収集も店舗運営には欠かせない仕事
情報収集も店舗運営には欠かせない仕事
  • 顧客に定期的に利用してもらうには、いまあるサービスを充実させるのはもちろん、さらに新しいサービスも企画していかなければなりません。他のスポーツクラブにはない独創的なアイデアや工夫をこらした企画が、店舗をより魅力的に発展させてくれます。その為には日常の情報収集も欠かせない仕事。流行りのスポットに足を運んでみたり、経済や世界情勢の専門書を読んでみたりといった、新しい情報を吸収していくことが重要です。

  • 情報収集も店舗運営には欠かせない仕事
スタッフの個性を把握し的確に配置
スタッフの個性を把握し的確に配置
  • 戦略に基づいたよりよい店舗運営を実現していくためには、スタッフの協力は欠かせません。全員が快適に働ける職場環境づくりとともに、スタッフ一人一人の個性を見抜き、各人に最高のパフォーマンスを出してもらえるよう、適材適所の人事配置を行います。スタッフの抱える課題や悩みを常に親身になって聞き、適切なアドバイスを送るなどの対応がスタッフを輝かせ、店舗を活気あるものにしていくのです。

  • スタッフの個性を把握し的確に配置
人材育成、そしてユニット長へ
人材育成、そしてユニット長へ
  • 人材育成も店長の重要な仕事の一つといえるでしょう。一人の力では、数千人規模の顧客から様々な要望に応えることはできません。高いモチベーションとスキルを備えた、いわば自分の分身といえるスタッフを育成します。自分が細かく指示を出さなくても店舗が円滑に運営、発展していく体制ができれば、次のステップである、地域内の複数の店舗を管理するユニット長を目指します。

  • 人材育成、そしてユニット長へ
店長に求められること
店長に求められること
  • 店長に求められることは、企業経営者に求められる要件と同一です。すなわち、クラブの舵取りを行なうための瞬時の判断力や決断力、強い責任感、クラブ戦略を考えるための創造力、情報収集力、そして問題発見・分析・解決といった経済的な視点。そのどれもが必要となるでしょう。インストラクターあるいはレセプションとしての経験を積みながら、クラブ運営のノウハウを吸収していくことが重要です。

  • 店長に求められること