キッズ

  • スイミングスクール
  • 体育スクール
  • ダンススクール
  • スポーツ・カルチャースクール

スイミングスクール練習紹介

スイミングスクール練習紹介編 Step1 スイミングスクールってどんなことをやっているんだろう? ここでは幼児コースの練習の様子を紹介します。

  • Step1 赤帽子編(水慣れ~けのび)
  • Step2 黄帽子編(キック~息なしクロール)

赤帽子編スクール紹介動画

※クラブにより実施内容は異なります。

スケジュール(幼児コースの例)

ボタンをクリックすると写真が切り替わります
1
さあ、スクール開始!あいさつから始めよう 全員で大きな声であいさつし、プールの約束をみんなで確認します。セントラルスポーツ訓を唱和して練習がスタートします。
  • フォトA
  • フォトB
ワンポイント★アドバイス セントラルスポーツのスイミングスクールは、水泳指導のみでなく、集団行動の中で礼儀やルール、マナーも身につけていきます。
セントラルスポーツオリジナル「がんば体操」 オリジナルの音楽(がんば行進曲)に合わせてみんなで元気よく体操します。
  • フォトA
  • フォトB
2
クラス別に分かれて練習開始 出席確認をしていよいよ水慣れをしながらプールに入っていきます。お腹にたくさん水をかけ、元気よくキックしましょう。
  • フォトA
  • フォトB
  • フォトC
  • フォトD
3
ワンポイント★アドバイス はじめはみんなで水遊びをして、水を好きになることから始めます。水泳に必要な動きを交えながら、遊び感覚で楽しめるよう、練習を工夫しています。
プールに入って水慣れ プールに入ったらコーチと一緒にブクブク~、水の中でジャンプしたり走ったりもぐったりして楽しみながら水と親しんでいきます。
  • フォトA
  • フォトB
  • フォトC
  • フォトD
4
サーキットトレーニング 赤い台を組合せたサーキットトレーニング。もぐる、浮くなどの反復練習で水中でのバランス感覚を身につけていきます。
  • フォトA
  • フォトB
  • フォトC
  • フォトD
5
トイレ休憩 幼児クラスでは肩を組んで電車をつくり、トイレに行きます。
  • フォトA
  • フォトB
6
ボビング クラス 浮く、イルカとびが出来たら、ボビング(もぐる→ジャンプの繰り返し)を練習します。
  • フォトA
  • フォトB
7
ワンポイント★アドバイス ボビングは、水中でバランスを取りながらカラダをコントロールすること、口や鼻から自然に息を吐き出し連続呼吸することを目的に行います。ボビングが出来るようになれば、プールのどこに行っても呼吸ができるという安心感が芽生え、その後の練習の上達につながります。
けのび クラス 水中スタート~けのび いよいよ泳ぎの基本姿勢である「けのび」の習得を目標に練習を行います。壁を強くけって、より前へ進みましょう。
  • フォトA
  • フォトB
  • フォトC
  • フォトD
8
ワンポイント★アドバイス けのびは4泳法の基本姿勢となります。ポイントは、(1)壁を強くける (2)ひじをまっすぐに伸ばす (3)頭を腕の間に入れる (4)足先を伸ばす (5)力を抜く。です。上手になるまで繰り返し練習しましょう。
コーチ・お友達のみんなと遊ぶ 水遊びを楽しむ時間です。すべり台などを使ってみんなで目いっぱい遊びましょう。
9
終わりのあいさつ 「ありがとうございました、さようなら!」終わりのあいさつもしっかりと!
10

楽しかった?来週も頑張ろう!

セントラルスポーツの進級制度

セントラルスポーツでは、お子さまの体力やレベルに応じてステップアップできる進級制度があります。けのびが出来たら、次はクロール、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライ、個人メドレーにチャレンジ!
タイムが速くなれば、選手コースからジュニアオリンピック出場を目指すことも可能です!

旭 千穂 旭 千穂(インストラクター)

セントラルスポーツのスクールでは、成長期における心身の発育・発達を促すだけでなく、集団行動の中で礼儀やルール、マナーも身につけていきます。
私たちインストラクターが、お子さまの成長をサポートさせていただきます。

キッズスイミングスクール実施クラブ一覧

詳細はお近くのクラブまでお問い合わせください。

25段階の進級項目 練習紹介 スイミング効果